稼ぐためのコピーライティング その1

稼ぐためのコピーライティング その1

インターネットビジネスは文章で売る商売

メルマガアフィリエイトなどネットビジネスの基本は、文章で商品・サービスを売る商売です。

「どんな書き方をしたら稼げるようになるのか?」

コピーライティングについて解説します。

メルマガも商品を紹介するランディングページ(LP)も、文章でセールスをします
売上の成約率を上げるために、コピーライティングについて学びましょう。

コピーライティングのスキルで稼ぐ

文章を書くのが苦手!!

僕も文章を書くのは苦手ですが、コピーライティングのスキルを学んでからは書くことが好きになってきました。
コピーライティングはネットビジネスで稼ぐために必須のスキルです。

稼ぐチャンスを増やすためにも苦手意識を克服したいと思いませんか?

コピーライティングを学ぶと、自然に苦手意識も薄らいでいきます。そうして自分が書いた文章で商品が売れると、文章を書くことが楽しくなってきます。

売れる文章が書けないと大損します

ステップメールのテンプレートをコピー&ペーストしてセールスをかけても、読む人は「どこかで見たことがあるなぁ」と思ったり、全く興味も関心も示さずスルーしてしまいます。

あなたに売るための文章力があれば、月に何百万円も稼ぐ事も可能になります。

具体的な例を考えてみましょう。

1つ商品が売れると1万円の報酬になる商品を紹介します。
   ↓
100人の人が、あなたの紹介文を読みます。
   ↓
1%の人が、商品を買ってくれると 1万円の報酬になります。

そんな事が1ヶ月つづいたら、それだけも 1万円 × 30 日 で 30万円になります。

売る文章力がなければ 1本も商品は売れません。1日に1000人の人があなたの紹介文を読んだとしても 1000人 × ゼロ = 0円です。

文章が苦手だからといって、売れる文章の書き方を学ばないのは本当にもったいないと思いませんか?

コピーライティングを学ぶメリット

コピーライティングを学ぶ最大のメリットは、売上の成約率が上がることです。

僕のような「文章を書くのが苦手」な者でも、コピーライティングを学ぶことで文章を書くのが好きになります。苦手だと思っていたものを克服するって楽しいと思いませんか?

売れる文章の書き方を学ぶ順序

もし、あなたが文章を書くことが好きなら、扇動」で売れる文章の書き方を学んで下さい。

僕のように文章を書くのが苦手な人は、はじめにコピーライティングを学んで、文章を書くことが好きになってから 扇動」で売れる文章について学んで売上を爆発的にアップしてください。

売れる文章の基本は信頼を得ること

ネットビジネス(アフィリエイト)でものを売る時に、一番重要なのが信用してもらうことです。

あなたが一生懸命、商品の素晴らしさを伝えようと必死になって文章を書いても、読者があなたを信用していなかったら商品は売れません。

この人は信頼できるこの人の言うことは胡散臭くないと読者に感じてもらえれば、メールマガジンでもランディングページでもブログでも、あなたが販売するものを納得して買ってくれます。

「おすすめ出来ない商品は紹介しない。あなたが納得したものしか紹介しない。」というスタンスで文章を書くようにしてください。

売れる文章を書く時に上手な文章を書く能力は不要です。わかりやすい文章を書いて読者に信頼され読者の心を動かす事が大切です。

コピーライティングの前にリサーチする

コピーライティングを学ぶ目的は成約率を上げることです。そのためにはリサーチが重要です。リサーチを徹底的に行うことが成約率を上げる秘訣です。

僕が以前からおすすめしている 1ラウンドアフィリエイトでも商品選定の重要性が書かれています。

ネットビジネスで稼ぐための4つのアプローチのはなし

徹底的なリサーチで、何を書けば売れるのかが具体的にわかります。

リサーチの内容

  • ペルソナ
  • サービス・商品の典型的な ユーザー像を具体化する。

  • yahoo! 知恵袋 で相談内容をチェックする
  • SNSなどに参加し共通言語をみつける
  • キーワードを書き出す
  • 扱う商品・サービスについて調べる

 
ターゲットが反応する強いキーワード使って文章が書けるようにリサーチします。

反応するキーワードは人それぞれなので、セールスレターのあちこちにキーワードを無数に散りばめます。
読んだ人が無意識のうちに気になる言葉が多ければ購買意欲が高まります。

ブログカードをWordPressサイトに実装するか検討してみた

ブログカードをWordPressに実装する

ブログカードとは?

 ブログカードとは?
 ブログに掲載したい記事のタイトルや概要、アイキャッチ画像などを読みやすくまとめて表示する埋め込み形式の事です。
ブログカードを使うと、テキストリンクと違ってリンク先に書かれている内容がひと目でわかります。

テキストリンクブログカードでは、テキストリンクの方がクリックされやすいという報告が多くあります。

内部リンクを使うメリット

スマートフォンを使ったサイト閲覧が増えています。
そのためサイドメニュー効果が以前より低くなっているので、記事内に内部リンクを挿入して関連記事に誘導し、サイトからの離脱率を減らすことができます。

Googleクローラーは記事から記事のリンクをたどって巡回し、検索エンジンのインデックス評価をします。
内部リンクは、クローラーがクロールしやすくなるのでインデックスの評価が上がるといわれています。

内部リンクはSEO対策として非常に有効な手法ですが、リンク切れはNGです。リンク切れがあるとサイトの評価が下がってしまいます。

WordPressでサイトを公開しているなら、Webサイト内のリンク切れを自動的にチェックし、リンク切れを発見したらダッシュボードで教えてくれるプラグイン 「 Broken Link Checker 」 をインストールして、リンク切れのないようにします。

ブログカード型プラグイン

Pz-LinkCard

 
グーグルで検索すると、「ブログカードのプラグインはサイトが重くなるのでやめた!!」という内容のものを多く見かけます。
僕も試しに「Pz-LinkCard」というプラグインをインストールして検証してみましたが、すぐに削除しました。

「WordPress プラグイン無し ブログカード」あたりをキーワードに検索すると対処法がみつかります。ほとんどが、functions.php と style.css をモディファイ(一部変更)が必要になります。

function.php と style.css は ./wp-content/themes/テーマフォルダ/ にあります。
テーマを更新すると、モディファイしたファイルが無くなってしまいますので HTML&CSS の知識が無い人はテーマファイルをモディファイしないほうが良いと思っています。

ブログカードは記事内でURLを記述するだけ

WordPressのVersion 4.4以降、ブログカードの埋め込みがサポートされています

と記事内に URL を書くだけで下のように表示されます。

ネットで売るためのテクニック


まとめ

ブログカードについて調べた結果、

  • 内部リンクはSEO対策として有効なので活用する
  • プラグインは使わない
  • テーマエディタで編集する事はしない
  • (ブログカードを表示させる時は、記事内にURLを直接記入するだけ)

 
という事にしました。

ヒーローイメージとは?

ヒーローイメージって何?

ヒーローイメージとは?

ヒーローイメージとは
サイトのファーストビューで画面全体を覆い尽くす画像や動画のことです。
ヒーローイメージを変えて、ファーストビューの雰囲気を変えインパクをと与える事ができます。

ヒーローイメージの使い方

サイトに訪れた人が最初に目にするヒーローイメージは、あなたのサイトの自己紹介のようなものです。

ヒーローイメージを使って、あなたのWebサイトの内容と目的を伝えます

明確なアクションへの誘導をデザインする

ヒーローイメージ 7つの説得要因

  • 画像はキーワードを視覚的に表現しているか?
  • 画像はサイトが伝えたいメッセージをはっきりさせるか?
  • ユーザーのアクションにつなげるまでのページの流れを滑らかにしているか?
  • 画像はブランドを信頼できる形で表現しているか?
  • 画像はユーザーにとっての妥当性を強化したり、利点を示しているか?
  • 画像は、期待する動作の引き金になる感情を描写しているか?
  • 画像は、製品を手にした顧客を主人公として描いているか?

アンジー・ショットミューラー 7 Hero Shot Persuasion Factors

ヒーローイメージ デザイン

シングルページ完結型レイアウトでごく限られた少ない情報やコンテンツのみを表示します。
レスポンシブデザインと相性が良いので、最近の「モバイルファースト」と言われるスマートフォンへの対応にもなります。

ヒーローイメージおすすめ5選

東京 日本橋 | 日本文化の今と昔を体験できるまち、東京・日本橋

奈良 – ローカルが教える、今までにない奈良観光

TYOパブリック・リレーションズ

ヌフアントロワ オフィシャル

NEST INN HAKONE

ヒーローイメージは
・ フルスクリーン背景
・ 特集記事コンテンツ
・ スライダー式ギャラリー
・ モノクロ写真
・ カラーオーバーレイ
・ 非対称レイアウト
・ タイポグラフィ

狭義の意味で
適切なフォント種類を選び、美しく文字を配置することを
文字を華やかに、アートのようにデザインする手法
指します。

 
などを駆使して、Webサイト訪問者にアクションを起こしてもらえるように作られます。

読み込みと表示を可能な限り早くする

アイコンを Font Awesome で代用する。
画像サイズをリサイズして最適化する。Regenerate ThumbnailsEWWW Image Optimizer ラグインなどを使う。
僕はふだん Windows や Mac ではなく、Ubuntu というOSを使っています。画像変換や画像のリサイズは ImabeMagick の convert コマンドや mogirify コマンドを使います。

画像の上に文字やボタンをのせる方法(CSS)

「画像 ボタン 重ねる」をキーワードにして検索すると、画像の上に画像やボタンを乗せる方法がわかります。
【HTML】画像の上に画像やアイコン、文字を重ねて表示する方法【CSS】 の記事がわかりやすいと思います。
サンプル
メルマガ登録

メルマガ登録

メルマガ登録

ランディングページとは?作り方は?

ランディングページとは?作り方は?

ランディングページ( LP )とは?

ランディングページ( LP )と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?

ランディングページ( Landing Page )とは?
広義では訪問者が最初にアクセスするページのこと。
狭義では、訪問者のアクションを誘導することを目的にした縦長のページのことを指します。

アフィリエイトをしている人は、ランディングページといえば狭義のランディングページをイメージしますが、アクセス解析ツールのgoogleアナリティクスは、広義のランディングページを指しています。

この記事では、狭義のランディングページについて述べています。

狭義のランディングページ( LP )の特徴

狭義のランディングページで、最初に思いつくのは縦に長いページじゃないでしょうか。
ランディングページの特徴は次のとおりです。

  • 縦に長い
  • 他のページへのリンクがない
  • デザインが派手

1ページに集客から教育、セールスをかけるまでの一連の流れが全て書かれているので縦に長いページになります。
そして、普通のWebページと違い他のページへのリンクがありません。一度訪れた読者がページの最後まで読むように作られています。

ランディングページは出口を商品を売るところに限定して成約率を高めています。

ページをスクロールしても訴求できるように、要所要所に成約率を高めるための広告的な要素を埋め込むので一般のWebページよりも派手な印象になります。

ランディングページ( LP )のメリット

なぜ、わざわざ派手で縦長のページを作るのでしょうか?それは成約率を上げる事を目的にしているからです。

SNSなどからの直接的なアクセス流入数をアップしたり、通常ページからランディングページ(LP)へ誘導したりとランディングページへ誘導しやすい事もランディングページが使われる理由のひとつになっています。

  • 訪問者の離脱が少ない
  • 訪問者が知りたい情報を全て伝えられる
  • 順序よく訪問者に情報を伝えられる
  • 訴求力が強い

 
など、成功率を高めるための仕掛けがしてあります。
これらの事を理解したうえで「新世界アフィリエイト」のランディングページを見てください。全てが計算されてランディングページが作られているのがわかります。

ランディングページ( LP )のデメリット

  • 縦に長いので途中で飽きて離脱する
  • 作成するのに手間・時間がかかる
  • 外注した場合、制作コストが高い

ランディングページを外注しようと思うと、1ページだけなのに15万円から50万円くらいかかります。

ランディングページ( LP )の作り方

今はWordPressなどでも、簡単にランディングページを作成できますが、ランディングページは1ページで完結しているので、HTML&CSSで書くのが基本です。
トップアフィリエイターの方々の多くが「INFOPLATE 5(現在、販売終了)でランディングページを作成しています。

僕の無料メルマガ登録ページも INFOPLAT 5 で作りました。

一般的なランディングページの構成。

キャッチコピー

問題提起

解決法

商品説明

利用者の声

Q&A

申し込みフォーム(ボタン)

 

ランディングページ( LP )をまとめたサイト

ランディングページを作る前に参考になるサイトを見て、デザインを勉強してください。
→「ランディングページ集めました。

コンバージョン率の高いランディングページを作る事は、WEBデザイナーの使命。ランディングページを作るWEBデザイナーのためのランディングページリンク集です。

カテゴリごとにLPデザインを見ることが出来ます。

ステップメールを使って売上倍増

ステップメールを使って売上倍増

ステップメールとは?

ステップメールをご存知ですか?

ステップメールとは、あらかじめ複数のメール本文を作成しておいて、「メルマガ登録のX日後XX時」など配信のスケジュールを設定します。
配信スケジュールに該当するメルマガ登録者あてに、メール配信システムを使ってメールを配信する仕組みの事をいいます。

あらかじめ用意したメールが指定した感覚で自動的に順次送信されるので、メール発行者が放っておいても関係構築のメールやオファーのメールなどを送ることが出来、自動で稼ぐ仕組みを構築する事が出来ます。

ステップメールとメルマガの違い

メルマガは主に、最新の情報を一括で読者に配信します。メルマガの主な目的は読者との関係性を築く事です。

役立つ情報や面白い情報を発信して、読者に興味や親近感を持ってもらうようなメールを配信します。

メルマガは一般的に、登録した時からメールを読む事になり、過去のメルマガをさかのぼって読む事はありません。あなたが伝えたい事は1通のメールに全て書くようにします。

それに対して、ステップメールは個々のユーザーのアクションをもとに、そのアクションに関連した「あらかじめ用意しておいた内容を、スケジュールに沿ったタイミング」で複数のメールを特定のユーザーに配信します

ステップメールの主な目的は、あなたが売りたい商品に関する顧客教育です。

コピーライティングのスキルだけでは、爆発的にあなたがすすめる商品を売る事は困難ですが、顧客教育が上手なアフィリエイターは売上額の桁が違ってきます

スーパーアフィリエイターの「だいぽんさん」が販売されている「扇動」という商材で、顧客教育の極意が学べます。ステップメールをフルに活用して売上を倍増したいなら「扇動」はチェックしておきたい商品です。

ステップメールを始める準備

ステップメールだけではなく、メルマガを発行するのなら次の準備が必要です。

1 ドメイン取得
2 レンタルサーバの契約
3 メルマガ配信スタンドの設定

 
メルマガ発行者は、特定電子メール法で苦情や問い合わせ先の受付先の記載が義務付けられています。(詳細は僕の記事 メルマガ(メールマガジン)とはを参照してください。)
そのためのメールアカウントが必須です。

メルマガ登録を促すための Webサイトも必要になりますので、レンタルサーバ契約、ドメイン取得をしてください。

メルマガ配信スタンドはASP配信型と経費がかからない買い取り型の2つのタイプがあります。僕は一度購入したら毎月の経費がかからない「ネット商人Pro S缶エディション」を使っています。

ネット商人Pro S缶エディション」を使う時はPHP言語のバージョンの関係で、レンタルサーバーはエックスサーバがおすすめです。(ネット商人Pro S缶エディションの機能の一部を僕のブログ「パーソナライズドメールで反応率を高くする」で書いていますので読んでみてください。)

商品選定

メルマガ配信、ステップメール配信の準備が終わったら、ステップメールで販売する商品を決めましょう。

あなたのメルマガで紹介・販売する商品を決定します。(アフィリエイト報酬を入金してもらうためにアフィリエイター登録が必要になります。)

商品が決まったらアフィリエイトリンクを取得します。(あなたのリンクから読者が商品を購入すると報酬が発生します。)

ステップメールの書き方

ステップメールでセールスする時の一般的な流れを紹介します。

1通目:登録のお礼とプレゼント
2通目:信用を得る
3通目:目的を伝える
4通目:問題点に気づかせる
5通目:問題解決の手段を伝える
6通目:行動・投資の必要性を伝える
7通目:オファーする

 
上記の7つの事柄を順番に読者に宛てて伝えると成約率が上がると言われています。
必ずしも7通で伝えるという事ではなく、上記の7つの内容を順番に伝える事が大切です。

ステップメールを作る時に、ゴールから逆算してシナリオを組み立てます

どんなに素晴らしい内容のメールを書いても、読者があなたを信用していなければ商品は売れません。まずあなたを信用してもらえるようにする必要があります。

信用が得られたら、次に読者が望む未来を伝えます。
近い未来に得られる状況がリアルにイメージできるだけ反応率が高くなります。可能な限り明確な目標設定をしてあげます。

目標設定が明確に伝えたら、近い未来と現在のギャップを明示し読者が問題点に気づくようにします。

ステップメールを書く時のポイントがあります。
僕らが決断を促すのでなく、読者が自ら僕らが望んだ結果をだすようにメールで導きます。

読者に感謝されながら商品を売るステップメールの具体的な書き方は 扇動」で学べます。

ステップメールの原則

一般的な流れは上記の通りですが、メールは読まれなければ何も始まりません。
ステップメールを書く時に注意すべき事柄があります。

面白くなければ読まれません。
テクニカルなノウハウばかり伝えてはいけません。
ペルソナを重視して個人に向けて書く。
自動配信なので、時事ネタやトレンドな話題は避けて書く。
読みたいと思わせる件名にする。
読みやすい文章を書く。
ストーリー(物語)を取り入れてメールを書く。
無料の特典は最大限、良いものを提供する。
アクションを誘うメールを書いて読者を巻き込む。

 
どういう書き方をすれば、あなたのメールが読まれるか?という事をいつも意識してメールを書くようにしてください。
あなたの思いや思考が読者に届かなければ売上があがりません。あなたの思いや思考が読者に伝えられれば、自然に売上が上がってきます。
売上が上がって金銭的にゆとりが出来れば、あなたのライフスタイルも変わってきます。

消費者心理は不変です。
あなたが身につけた売るためのライティングのスキルは一生使えるので、普段は好きな事をしてお金が必要な時にだけ稼ぐという生き方もできます。

ステップメールの手法を学んでも、売れる文章が書けなければ収入はゼロです
売れる文章が書けるようになるまで試行錯誤して時間を浪費するよりも、だいぽんさんのように実際にアフィリエイトで実績を出していらっしゃる方の商材で学べば無駄な時間を浪費しないですみます。

無駄に浪費する時間を無くして、空いた時間で「稼ぐテクニックをより多く学ぶ」ほうがいいと思いませんか?

だいぽんさんが販売している物の売り方のページを見る

扇動

 

パーソナライズドメールで反応率を高くする

パーソナライズドメールとパーソナライズドWebページ

パーソナライズドメールとは?

パーソナライズドメールとは?
メール配信システムでの狭義の意味では、メール本文内に登録者の名前やその他の情報を差し込んでメール配信できる機能のことを指します。

パーソナライズドWebページとは?

アマゾンや楽天のサイトは、Webサイトにログインしていると登録者の名前やログイン名が画面に表示されます
そして「こんにちは。 XXXさん。おすすめの商品があります・・・・。」など個人向けの情報が表示されます。

表示ページの中に、読んでいる人の名前が表示されていると親近感がでますよね。パーソナライズしたセールスページは反応率が高いと言われています

僕が使っている買い取り型のメール配信システム「ネット商人Pro S缶エディション」は、メールに名前などの差し込みができるのは当然ですが、「レターアナライザー(分析)」という機能を使ってパーソナライズドWebページの機能と同じような事ができます。
レターアナライザー(分析)で作成したページは、作成したページ毎に閲覧開始日時、閲覧終了日時、閲覧回数制限の設定ができます。

クリックした人のリストを生成・メール配信

あなたが配信するメール本文で紹介した URL をクリックした人だけに、ターゲット配信できたら成約率が上がると思いませんか?
たとえば、メルマガ読者あてのメールで次のような使い方が出来てしまいます。

XXXXに興味がある方だけ 下のリンクをクリックしてください。
   ↓
http://hogehogehoge/hogehogehote

 
この hogehoge をクリックした人にだけにメールを送ることが出来るってすごいですよね。
パーソナライズドWebページの設定、運用の仕方は「ネット商人Pro S缶エディション」のマニュアル 07パーソナライズドWebページ編 に書かれています。

ネット商人Pro パーソナライズドWebページで出来ること

パーソナライズドWebページで出来ることをここにまとめます。

分析トップページでは指定した期間中、メールごと誰にクリックされたのか?クリック数がどのくらいか?などがわかります。

メール本文中の紹介URLをクリックした人のターゲットリストが作成できます。作成したターゲットリストを使って、特定ユーザーだけにメールを送信する事が出来ます。

パーソナライズドWebページ機能を使って、メルマガ読者限定の特典ページや注文ホームを表示させる事ができます。

「あと3日以内の期間限定で・・・。」や、登録者が1回だけ見ることが出来るページの作成など閲覧制限設定ができるので、緊急性を強調できます。

ABテストが簡単に出来ます。

簡単なアンケート調査が出来ます。

 
ネット商人Pro S缶エディション をお持ちの方は是非、活用して売上を倍増してください。

ネット商人Proについて

僕は長い間(僕は2010年の2月に購入しました。)、「ネット商人Pro S缶エディション」を使っています。
買い取り型なので、月額3000円くらいのメール配信サービスを使うよりもコスパが高いです。
HANSOKUのステップメール(旧悪魔のステップメール)の販売者である上野(兵法家けん)さんは、ネット商人Proの機能を巧みに使っていらっしゃいます。驚異的なセールスをする方は、それだけのスキルを使っているのを感じています。

僕がネット商人Proプロを使っていて素晴らしいと思う事を次に述べます。

  • 買い取り型なのでコストパフォーマンスが高い
  • 高機能・多機能
  • PayPal決済と連動できる

 
それから、おすすめできない事は

  • PHPのバージョンが古い(Verjon 5.3以下)ので設置するレンタルサーバーが限られる
  • パソコン初心者だけだと、若干HTML&CSSの知識が必要だったりして、使いこなすのに時間がかかる

 
メルマガアフィリエイトで稼いでいる人は、配信したメールマガジンがどのくらいの反応率があるかなどデータ分析をしながら、常に改善しています。(PDCAサイクルですね。)
稼ぎに結びつく道具を使いこなして、売上を倍増しましょう。