ブログカードをWordPressサイトに実装するか検討してみた

ブログカードをWordPressに実装する

ブログカードとは?

 ブログカードとは?
 ブログに掲載したい記事のタイトルや概要、アイキャッチ画像などを読みやすくまとめて表示する埋め込み形式の事です。
ブログカードを使うと、テキストリンクと違ってリンク先に書かれている内容がひと目でわかります。

テキストリンクブログカードでは、テキストリンクの方がクリックされやすいという報告が多くあります。

内部リンクを使うメリット

スマートフォンを使ったサイト閲覧が増えています。
そのためサイドメニュー効果が以前より低くなっているので、記事内に内部リンクを挿入して関連記事に誘導し、サイトからの離脱率を減らすことができます。

Googleクローラーは記事から記事のリンクをたどって巡回し、検索エンジンのインデックス評価をします。
内部リンクは、クローラーがクロールしやすくなるのでインデックスの評価が上がるといわれています。

内部リンクはSEO対策として非常に有効な手法ですが、リンク切れはNGです。リンク切れがあるとサイトの評価が下がってしまいます。

WordPressでサイトを公開しているなら、Webサイト内のリンク切れを自動的にチェックし、リンク切れを発見したらダッシュボードで教えてくれるプラグイン 「 Broken Link Checker 」 をインストールして、リンク切れのないようにします。

ブログカード型プラグイン

Pz-LinkCard

 
グーグルで検索すると、「ブログカードのプラグインはサイトが重くなるのでやめた!!」という内容のものを多く見かけます。
僕も試しに「Pz-LinkCard」というプラグインをインストールして検証してみましたが、すぐに削除しました。

「WordPress プラグイン無し ブログカード」あたりをキーワードに検索すると対処法がみつかります。ほとんどが、functions.php と style.css をモディファイ(一部変更)が必要になります。

function.php と style.css は ./wp-content/themes/テーマフォルダ/ にあります。
テーマを更新すると、モディファイしたファイルが無くなってしまいますので HTML&CSS の知識が無い人はテーマファイルをモディファイしないほうが良いと思っています。

ブログカードは記事内でURLを記述するだけ

WordPressのVersion 4.4以降、ブログカードの埋め込みがサポートされています

と記事内に URL を書くだけで下のように表示されます。

ネットで売るためのテクニック


まとめ

ブログカードについて調べた結果、

  • 内部リンクはSEO対策として有効なので活用する
  • プラグインは使わない
  • テーマエディタで編集する事はしない
  • (ブログカードを表示させる時は、記事内にURLを直接記入するだけ)

 
という事にしました。

ネットで売るためのテクニック

ネットで売るためのテクニック

少ないアクセスでも稼げる人

少ないアクセスでもがっちり稼げる人っていますよね

少ないアクセスでも稼げる人ってどんな人なのか?

僕の敬愛するアフィリエイターに「だんぽんさん」とう方がいらっしゃいます。
だいぽんさんのホームページを見ると、1億5千万円以上もアフィリエイトで稼いでいます。

すごいなぁ・・・。と思いませんか?

そんなスーパーアフィリエイターのだいぽんさんが販売している 扇動」という商品があります。

扇動に書かれている事で何が出来るようになるのか? 気になりませんか?

僕の下手な説明より、だいぽんさんの → 商品紹介ページをご覧になったほうが納得できると思いますが・・・・。

稼げる人は、人を動かせる人間

人を動かせる人は、どんな商売をやっていてもめちゃくちゃ稼げます。

何故なら

  • 人間はどんな言葉に無意識に反応するのか?
  • 人間の感情の源泉とは何か?
  • 人を夢中にさせるには何と何を刺激すればいいのか?
  • 人はどんなものに惹きつけられるのか?

が分かっているからです。

コピーライティングだけでは稼げません

コピーライティングを学んで実践しているのに売れないのは何故なのか?

スーパーアフィリエイターのだいぽんさんや新田さんは、コピーライティングのテクニックだけでなく、ある方法を使って商品を売っています。
セールスをする前に、用意周到に読者を教育しています。セールスの前に読者に特定の価値観信念思考を刷り込んでいます。

だいぽんさんが紹介しているのなら買っておこう!!」という状態まで読者を洗脳しています。

だいぽんさんの 「扇動」の商品紹介ページにはネットビジネスの本質が書かれていますので、商品を購入しなくても読んでノウハウを学ぶことができます。是非いちど商品紹介ページを読んでみてください。

商品紹介ページなのにノウハウ全公開

ネットビジネスで月に1000万円も売れる人達は、人を動かす人望を集めるということに長(た)けています。
「扇動」は、緻密に計算して、高度な教育を受けた人達でも容易に操り人形にしてしまうテクニックが書かれています。

  • 注意をひきつけること。
  • 選択肢を限定すること。
  • 感情を揺さぶること。
  • 不安をぬぐい去ること。

これらの具体的な方法について書かれています。

答えは人を動かす力人の心をつかむ力

扇動」は、ライバルたちの手口を調べ、ライバルに負けない「人を動かす力」「人の心をつかむ力」の身につけ方が学べます。

  • 憧れさせるという販売手法。
  • 恐怖させるという販売手法。
  • 興奮、熱狂させるという販売手法。
  • 心酔、依存させるという販売手法。
  • 共感させるという販売手法。
  • 洗脳するという販売手法。

など、セールスする前の段階で勝負を決めてしまうテクニックがあなたのものになります。この知識やスキルは、あなたが生涯使うことができます。

扇動のテクニックを身につけて得られるもの

あなたも扇動のテクニックを身につければ、ファンを増やす努力が不要になったり、高額商品も売れるようになります。

扇動を購入すると

  • 欲しがらせる技術。
  • だいぽんさんのメルマガ「シークレットセールス講座 購読権」

も手に入ります。

 

無料の画像編集ソフト GIMP

無料で使える高機能の画像編集ソフト GIMP

無料で使える画像編集ソフト GIMP

GIMP? ギンプと呼びます。
無料なので、高額な Adobe Photoshop をやめて、GIMP を使う人達が増えています

GIMP とは GNU Image Manipulation Program の略です。 GNU は完全なフリーソフトウェアで、 Linux の文化と密接に関わっています。GNU に関してはウィキペディアなどで検索してみてください。楽しい Linux思想の片鱗(へんりん)が伺えると思います。

adobeのフォトショップと同等の事が出来ますが、Photoshop が印刷を想定しているのに比して GIMP は Web上のグラフィックを扱う事を想定して作られているので、CMYKカラーはサポートされていませんCMYKとは:シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4成分で色を表現する方法です。インクと同じ考え方で印刷業界でよく用いられています。一方、RGBはというディスプレイ上で表現される事を想定して考えられています。)

Web上で、アフィリエイト用に画像を作成・加工するのなら、高額なフォトショップを購入しないでも GIMP で同等の事が出来ます
それから Windows でも Mac でも Linux でも使えるので、複数のOSで画像処理をされているの方は重宝しています。
少し問題なのはフォトショップと同様に多機能なので使い方を覚えるのに少々時間がかかりますが、実際に GIMP を使って画像処理をする時は、どのような処理をしたいか検索すれば、ユーザーが多いのですぐに回答を得ることができます

GIMP日本語版のダウンロード・インストールの仕方

GIMP公式ダウンロードサイト からGIMPをダウンロードすることができます。
インストール後に起動した画面が下の図です。

GIMPで画像ファイルを操作してみる

GIMP を起動したら「ファイル」→「開く/インポート」をクリックして、PNGファイルを開いて下さい。
開いたPNGファイルを拡大 or 縮小 したい時は?
グーグルで検索しましょう。 キーワードは「GIMP 拡大 縮小」です。
すぐにわかりやすい解説がみつかります。
そのファイルをPNGファイルで保存したい時は?

「GIMP PNG 保存」で検索します。すぐに「ファイル」→「エクスポート」を使うという解決策がみつかりました。
マニュアルを開いて探すより、その都度グーグルで検索したほうが早く解決する事が多いと思います

元画像

背景色変更

切り抜き

回転

透明化

この画像は元画像の白色を透明化しています。

GIMP で gifアニメーションも作れます

GIMP と SIRIUS の使い分け

GIMP は、多機能なのでマニュアルを見て機能を探すよりも、処理したい事柄をグーグル検索したほうが効率よく使えると思います。
インストールも簡単ですし、何度か検索しながら操作をしていれば自然に覚えられます。
ヘッダ画像やロゴを作成する時にも使えますので、無料の GIMP を使いこなしてください。

僕は普段、
記事の途中に挿入する画像は、GIMP や IMAGEMAGIC を使い、ヘッダ画像やロゴ作成の時は、ホームページ作成ツールの SIRIUS上位版 を使っています。理由は GIMP よりも操作が簡単で、使える日本語フォントの種類が多いので見た目が綺麗なヘッダ画像やロゴを作れるからです。
通常版のSIRIUSのほうが価格が安くなっていますが、購入するのならリンクボタンを作成できたり、目次を自動生成できる上位版のほうが良いと思います。