Linuxで遊ぼう!!

ブログカードをWordPressサイトに実装するか検討してみた

ブログカードとは?


 ブログカードとは?
 ブログに掲載したい記事のタイトルや概要、アイキャッチ画像などを読みやすくまとめて表示する埋め込み形式の事です。
ブログカードを使うと、テキストリンクと違ってリンク先に書かれている内容がひと目でわかります。

テキストリンクブログカードでは、テキストリンクの方がクリックされやすいという報告が多くあります。

内部リンクを使うメリット


スマートフォンを使ったサイト閲覧が増えています。
そのためサイドメニュー効果が以前より低くなっているので、記事内に内部リンクを挿入して関連記事に誘導し、サイトからの離脱率を減らすことができます。

Googleクローラーは記事から記事のリンクをたどって巡回し、検索エンジンのインデックス評価をします。
内部リンクは、クローラーがクロールしやすくなるのでインデックスの評価が上がるといわれています。

内部リンクはSEO対策として非常に有効な手法ですが、リンク切れはNGです。リンク切れがあるとサイトの評価が下がってしまいます。

WordPressでサイトを公開しているなら、Webサイト内のリンク切れを自動的にチェックし、リンク切れを発見したらダッシュボードで教えてくれるプラグイン 「 Broken Link Checker 」 をインストールして、リンク切れのないようにします。

ブログカード型プラグイン


Pz-LinkCard

 
グーグルで検索すると、「ブログカードのプラグインはサイトが重くなるのでやめた!!」という内容のものを多く見かけます。
僕も試しに「Pz-LinkCard」というプラグインをインストールして検証してみましたが、すぐに削除しました。

「WordPress プラグイン無し ブログカード」あたりをキーワードに検索すると対処法がみつかります。ほとんどが、functions.php と style.css をモディファイ(一部変更)が必要になります。

function.php と style.css は ./wp-content/themes/テーマフォルダ/ にあります。
テーマを更新すると、モディファイしたファイルが無くなってしまいますので HTML&CSS の知識が無い人はテーマファイルをモディファイしないほうが良いと思っています。

ブログカードは記事内でURLを記述するだけ


WordPressのVersion 4.4以降、ブログカードの埋め込みがサポートされています

と記事内に URL を書くだけで下のように表示されます。

ネットで売るためのテクニック


まとめ


ブログカードについて調べた結果、

  • 内部リンクはSEO対策として有効なので活用する
  • プラグインは使わない
  • テーマエディタで編集する事はしない
  • (ブログカードを表示させる時は、記事内にURLを直接記入するだけ)

 
という事にしました。

コメントは受け付けていません。