Linuxで遊ぼう!!

反応率を高める言葉 コピーライティング

反応率を高める言葉


2つのステップで反応の良い文章を書きます。

1つ目は、何をいうか?そして2つ目はどう書くか?です。

稼ぐためのコピーライティング その1


こちらの記事で説明した「リサーチ」で、あなたが売りたい商品の持つ魅力やそのジャンルで使われる言葉などが決まっていると思います。

2つ目のステップである「売るための文章」は、あなたが設定したペルソナが強い関心を示して反応してしまう表現力が必要になります。

例)
 「色白になるクリーム」と書くよりも「真珠のようなキラキラした透明感のある肌になるクリーム」という文章のほうが、読者の印象に残ると思いませんか?

コピーライティングは科学


売るための文章の書き方であるコピーライティングは、長い時間をかけて「こちらの言葉を使ったら成約率が上がった」といったように検証されてきました。

どのように書けば反応率が上がるかといった事は、すでに技術としてノウハウが確立されています。

コピーライティングのスキルとあなたの感性を組み合わせて、共感を呼ぶコピーを書くことができます。

コピーライティングの3つの基本

  • 1つのメッセージだけを伝える
  • ひとりに話しかけるように書く
  • 読む人がふだん使っている言葉で書く

 

反応率を高めるキャッチコピー


キャッチコピーの役割は?
読者をキャッチすることが目的です。
読者をキャッチするために

  • 興味をひく
  • 次の1行を読みたいと思わせる

 
この2つが目的です。
ターゲットを絞り込んで、「誰に向けて書かれた内容なのか?」を明確にします。
それから、ターゲットが欲している願望や悩みについて解決策を提示します。

読者に読み続けてもらうためにギャップを強調して興味を引くことも、重要なテクニックのひとつです。

価値を提供する


ターゲットを明確に設定したら、価値提供をする事が重要です。
求められる価値を提供するためには「稼ぐためのコピーライティング その1 」で書いたリサーチの部分が重要になります。

文章を組み立てる方法


リサーチに基づいて文章を組み立てる方法 = PREP法を使う。

P ( POINT ): 導入結論
R ( REASON ) : 理由
E ( EXAMPLE ) : 例
P ( POINT ) : 最終結論

 
この順番で文章を組み立てると、読者は安心して文章を読み進めることができます。

反応率を高める言葉の具体例


数字を使う
 ・ すぐにお届けします。
    ↓
 ・ 30分でお届けします。

 ・ 一括支払いで30%オフ

 ・ 10人限定です。
などなど、数字を使ってイメージをより具体化します。

反応を高めるマジックワード

  • 無料
  • あなた
  • 方法
  • 簡単
  • シンプル
  • 即効
  • すぐに
  • 突然
  • 発表
  • 遂に
  • 公開
  • 魔法
  • 衝撃の
  • 限定
  • 秘密
  • 秘訣
  • 失敗しない・・・

 
などの言葉の反応率が高いといわれています。

コメントは受け付けていません。