Linuxで遊ぼう!!

Webサーバをインストールしよう

Webサーバをインストールしよう


 

Webサーバって何?

Webサーバとは、ざっくり言うとあなたが普段使っている IE ( Internet Explore )や FireFox、 Safariで見ている「Webページを公開する仕組み」です。

Webサーバをインストールする

悩んで手を止めてしまわず、Webサーバをあなたの Ubuntu にインストールしてみましょう。

$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get install apache2

これだけで、Webサーバーソフトの apache2 がインストールされました。

ここで使われた sudoコマンドについて説明しましょう。
sudoコマンドスーパーユーザー( root )権限でコマンドを実行する時に使います

マルチユーザー・マルチタスク

Ubuntu は UNIX/Linux系のOSで動作しています。
UNIX/Linuxは、複数の仕事を複数の人数が同時に処理できる(マルチタスク・マルチユーザー)ように設計されたOSです。

安全にUNIX/Linuxを使うために、複数のユーザーが各ユーザー毎にファイルやディレクトリ毎に読み・書き・実行の実行権(パーミッション)が決められています。

ユーザーのなかでも root (ルート) とは、 Linuxの全てを制御できる管理者をいいます。 ( Windowsの administrator と同じ )

root は、コマンドひとつでプログラムをインストールしたりハードディスクの全データを削除したり、離れたところからでもネットワークで Linuxサーバに接続してサーバの電源を切ったりと、なんでも出来るのような存在です。

サーバ運用上の安全を確保するために、 root ではログインせず、特別な操作を行う時は sudoコマンドを使う方法が慣例となっています。

Webサーバ apache2 の動作確認をします

動作確認をします。
$ systemctl is-enabled apache2


可動しているのが確認できました。

あなたの Ubuntu を起動した時に、自動で apache2 も起動するように設定します。

$ sudo systemctl enable apache2

IPアドレスについて

あなたが使っているブラウザーで確認します。ブラウザーのアドレスバーにlocalhostと入力すると Webサーバ apache2 の初期画面がブラウザに表示されます。

localhostとは、ネットワーク接続してる、今あなたが使用しているパソコンを指します。通信相手のコンピュータは「リモートホスト」(remote host)と言います。

あなたのパソコンの IPアドレス ( IPアドレス ) を調べてみましょう。


$ ifconfig で調べます。

ifconfigコマンドについての解説
ifconfigコマンドの詳細まとめました【Linuxコマンド集】 エンジニアの入り口

私のパソコンでは、 内部アドレスが192.168.3.2 ( LANカード ) と 192.168.3.6 ( WI-Fi )だとわかりました。
先程と同様に、ブラウザのアドレスバーに 内部アドレス 192.168.3.2 を入力すると「localhost」と入力した時の画面が表示されます。

LANとWAN

LAN ( Local Area Network )は、自宅内・事務所内などの限定された範囲で接続できるネットワークのことです。
WAN ( Wide Area Network )は、遠く離れた場所と繋がったネットワークの事をいいます。


WikPedia より

LANの形状による分類

IPアドレスについて

IPアドレスにはプライベートアドレスグローバルアドレスがあります。

先程、 ifconfig コマンドで調べたのはLANで使われるプライベートアドレスです。
LANで繋がったそれぞれのパソコンを識別するためにプライベートアドレスが必要です

グローバルアドレスとは、インターネット上のIPアドレスです。
グローバルアドレスはインターネットサービスプロバイダによって割り当てられます。一般にはIPアドレスは固定されておらず不定期に変わります。

ブラウザーのアドレスバーに https://www.checkip.org/ と入力すると、あなたが今、接続しているパソコンのグローバルアドレスがわかります。

 

世界中繋がっているインターネット上でグローバルIPアドレスが重複しないよう ICNN ( Internet Corporation for Assigned Names and Numbers )が一括管理しています。

アドレス範囲 説明
0.0.0.0/8 このネットワーク
10.0.0.0/8 旧クラスAに割り当てられたプライベートアドレス
14.0.0.0/8 公共データネットワークの国際システム用アドレス
24.0.0.0/8 旧CATV用アドレス(現在はグローバルアドレス)
39.0.0.0/8 旧クラスAサブネット実験用アドレス(現在はグローバルアドレス)
127.0.0.0/8 ホストループバックアドレス
128.0.0.0/16 旧クラスBの最小アドレス
169.254.0.0/16 リンクローカルアドレス
172.16.0.0/12 旧クラスBに割り当てられたプライベートアドレス
191.255.0.0/16 旧クラスBの最大アドレス
192.0.0.0/24 旧クラスCの最小アドレス
192.0.2.0/24 例示用アドレス
192.88.99.0/24 6to4リレーエニキャストアドレス
192.168.0.0/16 旧クラスCに割り当てられたプライベートアドレス
198.18.0.0/15 ベンチマーク用アドレス
223.255.255.0/24 旧クラスCの最大アドレス
224.0.0.0/4 旧クラスD現在はマルチキャストアドレス
240.0.0.0/4 旧クラスE(予約済み)
255.255.255.255 限定ブロードキャストアドレス

まとめ

今回の記事は、覚える事が多いので大変かもしれませんが UNIX/Linuxを運用するために必須の知識なので頑張って覚えてくださいね。

  • マルチユーザー・マルチタスク
  • パーミッション
  • root
  • LANおよびWAN
  • グローバルアドレス、プライベートアドレス
  • IPアドレス

 
 

コメントは受け付けていません。